いちブログ2号

いちブログの一は始まりのいち。すべてのことはいちからはじまる。思うままに文章を紡ぐ。

今週のお題。印象に残っている筋肉

スポンサードリンク

f:id:ichi3000:20160402013451j:plain

今週のお題「印象に残っている新人」

ちょっと違うかもしれないけど僕は今ブログ新人だ。おもしろい事なんて書けないけど毎日更新を欠かさずやるのが日課に成っている。ほんとなら自分のことでも書いてやろうかと思ったが、テーマ違いだからやめておく。

ブラック会社 

印象に残っている新人という事だけど、僕の勤め先はブラック企業(自称)で、すぐに人が辞めるため、絶えず新人がやってくる。もちろん新卒も入って来るが多くは中途採用だ。僕はその時配送業務(トラック)の運転手をやっていた。

配送課の出入りは激しい。配送課は6人程度の課なんだけど、年に12人も入れ替わった時があった。わずか1年で2度、みんな知らないメンツになった計算になる。

一人を残してみんな辞めていった時は、別会社に転職した気分だった。

僕は新人の名前を覚えることは得意だが、流石にこれだけ入れ替わると、誰が誰だか分からない事もしばしばで、入社してくる子が続きそうにないなと思ったら、名前を憶えない事もあった。

筋肉自慢

そんななか、一人筋肉自慢の小柄な子が入ってきた。彼はかなり懐いてくれたこともあり記憶に残っている。

この筋肉自慢、とんでもないパワーで小さな体のくせに腕が僕の大腿筋くらいあり、化け物かと思った。配送業は体力が求められるが、彼の体力は要求をはるかに超越しているのだ。1枚42キロもある重量物を3つ片手に抱えて移動しているのをみて、こいつ馬鹿だろうと思ったものである。

この新人は本当にとんでもない奴で、腕相撲が異常に強かった。僕は両手でも勝てないし、2人がかりでも両手じゃないと抑えられないほどの暴れん坊。

そんなエリートの彼は喧嘩っ早いという性格があり、なまじ力が強いため、力に頼った人づきあいをしてします傾向にあった。
たびたび、他のメンバーといざこざを起し、僕を困らせた。なぜもっと仲良くできないのかという話もしたが、もともとの性格であるためなかなか治すこともむずかしいようだった。

問題発生

酒にも弱く、一度飲み会を開いた時など、酔っぱらった勢いで、完全にグレーな人々に喧嘩を売り、黒ずくめのスーツの方々に囲まれた時があった。

流石に先輩であるという事もあり見過ごせず、仲介に入り平謝りで赦してもらったが、生きた心地がしなかったのを覚えている。
そういう時警察は民事不介入とか言って周りから見ているだけで何もしない。助けてくれてもいいだろ!!

そんな彼でも情に厚く、涙もろい所があったため嫌いになることはなかった。僕自身情動的な人間なのでそういうところは好きですらあった。

彼のことを印象に残っていると思う理由は実は彼は”いじめられっこ”だったという事実がある為だ。いじめられる自分が嫌いで、体を鍛え強くなったという事だったのだ。

とても想像できない事だったが、彼が言うには「指一本で人を倒せる」人に鍛えてもらったという。

なんにせよ、理想の自分を手に入れるため大変な努力をしたということですごく好感が持てる奴だったのは覚えている。

最後は喧嘩で会社を辞めてしまったが、彼がこの先の人生を誤ることなく理想に向かって努力し続ける人間に成長してくれることを願っている。

 

おすすめ記事

 

ichi3000.hatenablog.com

ichi3000.hatenablog.com

ichi3000.hatenablog.com

 

 

 

 

スポンサードリンク