読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちブログ2号

いちブログの一は始まりのいち。すべてのことはいちからはじまる。思うままに文章を紡ぐ。

後輩は結局奢ってくれる先輩がすき

スポンサードリンク

 

もう4月ですねぇ~、桜散りまくってます。いちです、今日もよろしく!

ところで、お金が無くっても後輩にいい恰好しようと思えば、奢ってしまうのが先輩ですよね。新入社員も入って来るから、ここはまとめて飯でも奢ってやるか!と思ったら予想以上に人が付いてくる・・・。

 


ていうか、「お前ら俺の給料安いの知ってんよね?」って言いたくなりますが、そこはぐっと堪えて後輩にご飯でも奢ってあげましょ?

なんだかんだ仕事だとか言っても、結局奢ってくれる先輩の方が俺も好きだから!

僕も昔は、奢ってくれない先輩の仕事なんて後回しにしてましたし。結局そうなんですよ。金、金、金。みんな腹黒いっすわ

・・・・でもね、ちゃんと見返りは貰いましょう!(今日は腹黒いぞ)


突発的なトラブルを解決する時後輩に頼み易くなる

僕の仕事は急なトラブルはいつもの事。というかトラブルしかない気がするけどね。

一度トラブルが起こると連鎖しますよね?何あれ、神様の意地悪としか思えない程の

連鎖連鎖。キャンディクラッシュですか???

それに加えて鳴り止まない着信。体一つしかないのに、どうすんの俺?

そんな時は後輩を使いましょう。仕事だからね
でも、やっぱり人間だから「タダ」で人の仕事までやらされるの、ぶっちゃけ嫌でしょ?
頼む方も頼みずらい・・・。そんな時の為に前もって投資しておく必要があるんです。

金かねっすわ。
頼まれた方も(うわぁ~、めんどくせ~)と思いながらも、奢ってもらってるしな!と割り切って仕事してくれますよ。
これが、いつも奢ってなかったり、後からお礼するから!とかだったら、間違いなく糞先輩認定を受けます。

尊敬されるされないってのも、人気投票みたいな所あるから変な噂は立たない方がいいですから!後輩に嫌われると出世にもマイナスです。

 

事情が分かっていれば少ない金額でも気持ちが伝わる

結婚してたりするとお小遣い少ないし、奢るのきつくない?ってあなた駄目ですよ。そんなケチでは。分かる気持ちは分かる。2万で一か月生きろとか、馬鹿じゃね?って気持ちはホントに良くわかるんだけど。3日タバコ我慢しよ?
昼飯位奢れる金は捻出、出来る筈。その金でめぼしい後輩に貢ぐんです。アホには奢っちゃダメですよ。仕事捌ける奴がいい。

あなたの財布の状況が分かる人がベター。ああ、この人貧乏なのに自分に良くしてくれるんだと思ってくれる位の奴の方がいい。

そういう気持ちのあるやつを抑えて置ければ後々、便利です。金額より気持ちで掴みましょう。

多すぎても少なすぎてもダメ!丁度いいのは難しい。

間違っても無駄遣いはやめましょう。特に奢って君には気を付ける事。こいつに奢っても何も帰ってきません。死に金とはこの事です。
また、金額にもセンスが必要です。最初っから飛ばしていい恰好しようと、何千円も、何万円も使ってると後で後悔します。後輩も奢ってもらう事が当たり前になってしまうし、感覚が麻痺してしまいますから。

かといって、けち臭い感じを醸し出してしまうと逆効果。奢ったことが帳消しなるほどのペナルティを受ける羽目になります。
ありがたみをもって貰う事は本当に難しいスキルで、相手の気持ちをよく読まないといけない。その子の性格をよくよく吟味して考えて、反応を見ていないといけない。

そういった意味で後輩思いの先輩になる為の必須スキルかもしれないですね。

 

元はいつか取れる

とは思わないでください。その下心、ばれますから。

無償の愛とは言わないけど、ほぼ捨てる金になると思った方がいい。むしろ社交のお金の使いかたを学ぶための授業料と思った方が気持ちいいですよ。
下心あるじゃんって思われたら(腹黒いのがばれたら)最後、それまでの投資はすべて水の泡くらいに思っておきましょう。

でもケチな同僚より絶対に人望を集めることが出来る筈です。そんなもんですよ。

 

ケチな後輩にも奢ってあげる。

溜め込むのが趣味みたいな奴に奢るのはそりゃ~嫌ですよね。でも奢ってあげましょ?

多分そういう子って人に奢った経験がないんだと思うんですよ。恥ずかしがり屋。

奢ってあげた上でちょっと小話。「俺も君ぐらいの時は、先輩に奢ってもらうと嬉しかったから」なんてどや顔で言ってあげるんす。

新卒位の青い子は、結構キザなこと言われるとポーっとなる。人もいる

そういう事も教えてあげるのが先輩ってもんでしょう。そうでしょ?

まとめ

仕事出来るかどうかは、どれだけ人を使えるか?ってこと。
そのために多少の出費は仕方ないんじゃないかな!

 

 

ichi3000.hatenablog.com

ichi3000.hatenablog.com

スポンサードリンク