いちブログ2号

いちブログの一は始まりのいち。すべてのことはいちからはじまる。思うままに文章を紡ぐ。

いいね!のちからは個人を大きく飛躍させる可能性がある!いいねは魔法の言葉。

スポンサードリンク

cakes.mu

こんな記事を見つけた。フェイスブックやツイッターで「いいね!」を獲得することを人がどうして求めるのかという事について書かれてある。

ツイッター初心者のおじさんには、おもしろい内容だった。

 

ツイッター始めました。

僕も最近ツイッターを始めました。特にいいね!するでもなく、流れてくるタイムラインに目を通し、お気に入りのブログ「ポジ熊の人生記」の更新やワロリンスさんのつぶやきチェックするのに使っている。当然受け身の使い方なのでフォロワーなど増える訳はない。これまでSNSというものは使っていなかったが、はてなブログを初めてその重要性に気づかされ、このブログにも連携しようかなと考えているが、果たして拡散するほどの内容か?と自問し、導入は先送りにしている。
多分、連携することは当分ないだろう。

さて、そんなSNS初心者の僕だが、ツイッターやフェイスブックのいいね!機能は確かにいいなと思っている。現実社会で褒められるようなことは大人になるとなかなかない事。おもしろい事をいっても、笑ってもらえるだろうけど、その場限りで「いいね!」と褒められるようなことはない。

ところで僕の特技は絵を描くことだったが、最近はめっきり書くことが無くなってしまった。理由は簡単。発表する場と褒められる機会が無いからだ。

子供なら上手に書ければ教室に張り出され称賛を受けるだろうが、大人になれば個展でも開けるような技術が無ければ褒められることはない。

よっぽど好きな趣味なら続けられるけど、僕の場合褒められないと絵を描き続けることは難しかった。

何が言いたいかというと、やっぱり人は褒められたい、認められたい、共感を受けたいという願望があるという事。それらの感情がともにあると、モチベーションを高く維持できる。ツイッターやフェイスブックはそういったことの手助けもしてくれる素晴らしい機能「いいね!」を搭載した簡易褒め褒めマシーンだと思います。

youtubeとかもそうなんだろうな。

youtuberっていうのも、同じだろう。一部の人は利益を求めていたり、チャンスを求めていたりするけど、すべての人がそうではなく純粋に共感を求めて動画を投稿している人もいる。

そういう人たちはいいね!されることで自己の承認欲求を満たしている。
僕もブログを書く。僕の場合、人に認めてもらいたいという気持ちより、心のデトックスという意味合いと、新しい事への挑戦という意味が大きいが、それでも一部の人がコメントしてくれた時などやはり嬉しく思う。(あんまりされないけど泣)

上手く使えば自分を成長させることが出来る

褒められる機会がないと悩んでいる人は「いいね!」されることを目指して努力するといい。「いいね!」には中毒性があるようで、それは周りを見ていれば良くわかる。

一度褒められると、もっともっとと努力するようになる。
はてなブログでもバズって癖になっている人がいるようだ。僕はそんな経験無いから分からないがw

とにかく、この「いいね!」の中毒性を上手い事利用できれば、自分をいい方向に導くことが出来る。脳の報酬系に働きかけるのだ。

そういう意味で確かに「いいね!」は魔法の言葉だと思う。

いいね!の魔法の虜になると最終形態「インフルエンサー」になれる

現代社会においてフォロワーの数はその人の戦闘能力に等しい。多くの人に影響を与えられる人の戦闘能力は今やスカウターを搭載しなくても、スマホで確認できる。

そういう意味で、きゃりーぱみゅぱみゅさんの戦闘力は400万を優に超えている。フリーザの8倍だ。

フォロワーが多いと毎日さぞかしたくさんの称賛を受けるだろう。プレッシャーだろうが、モチベーションを落とさず、日々鍛錬を欠かさなかった果てに彼女はここまでなった。(もちろんいいね!を貰う為だけに頑張っているわけではないだろうが)

インフルエンサーというのは、拡散する(力のある)人ということだ。簡単に言えば人に影響を与えることの出来る人。

そういう人になる。のが最終目標という訳ではないけれど一つの指標にはなる。

自分がいつも発信していることに対しての反応が数値で現れるからだ。

数字というのは、簡単で、多ければいいという側面がある。いま自分がどの位置にいるのか教えてくれる。

いま自分のフォロワーがどれだけいるか?という事で、自分の位置が分かる。というのは言い過ぎかもしれないけど、目印にはなるかもしれない。

まとめ

なんか最後は何言ってるか分かりにくかったと思うけど、今僕が思ういいね!の利点は

  1. いいね!してもらう事で、認めてもらった(褒めてもらった)気になり、モチベーションを保つことが出来る。
  2. いいね!中毒者になって、自分でも想像の出来ないような力を発揮できるんじゃね?っていう事

そして、フォロワーが多くすることは、現在社会において”力”だという事です。

(おわり)

 

スポンサードリンク