読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちブログ2号

いちブログの一は始まりのいち。すべてのことはいちからはじまる。思うままに文章を紡ぐ。

チョウユンファって知ってる?男たちの挽歌とか滅茶かっこいいよ~

スポンサードリンク

若い人たちは知らないかもしれない。ジョン・ウー監督とタッグを組ませたら最強にカッコいいあの人の名前を・・・。

だから今日は僕の大好きなチョウ・ユンファについて僕がおせーて上げる。

 

リプレイスメント・キラー [DVD]

話題が古すぎて誰も読んでくれないかもしれないけど馬鹿ですか?

なぜこんな記事を書こうと思ったかまず説明しようと思います。

www.kakakakakaida.com

この記事を見て無性に書きたくなりました。kakakakaidaさん勝手にごめんなさい。

ジャッキー・チェンさんて1954年4月7日生まれ(ウィキより)

チョウ・ユンファ1955年5月18日生まれ(ウィキより)なんで、年齢も近い。

どちらも同じくらいの時期に生まれて香港映画でスーパースターになってるんですね。

この二人は共演作がないみたい。仲が悪いかどうか分からないけど共演作見てみたいな。

生い立ち

1955年、香港新界離島區南丫島(ラマ島)で生まれる。実家は貧しく、高校を卒業すると家電工場に勤め、生計を立てる。

1973年、友人の勧めにより香港TVBの演劇学校に入る。演劇学校の同期には吳孟達がいる。1974年からTVBのテレビドラマを中心に俳優活動を開始し、1980年、TVB製作のテレビドラマ『上海灘』での演技が話題となり、テレビドラマ俳優としての地位を確立する。

TVB所属俳優としての活動は、映画撮影本数が多くなった1985年迄続いた。(ウィキペディアより引用

ぐすん、俺と同じで貧乏だったみたい。18歳で演劇学校入って1年でテレビでてるね。やっぱりイケメンだし、演技力も当時から相当なものだったんでしょうね。

 

その後、活躍の場を次第に映画にシフトし、1984年に『風の輝く朝に』でアジア映画祭主演男優賞を受賞。そして1986年の『男たちの挽歌』が大ヒットし、一躍スターとなる(同作品は第6回香港電影金像奨作品賞を受賞)。1986年~1987年の2年間は主演作が合計17本と、まさに「チョウ・ユンファ黄金期」であった。

 (ウィキペディアより引用

でました、『男たちの挽歌』。男の哀愁全開ですよホント。

 

男たちの挽歌(字幕版)

男たちの挽歌(字幕版)

 

あらすじ

香港マフィアの幹部、ホーは闘病中の父と学生である弟キットの面倒を見ていたが、弟が警官になる希望を持っていることで病床の父から足を洗うよう頼まれる。了解したホーは、次回の台湾への贋札の取り引きを最後に、闇社会から足を洗おうと決意する。しかし、取り引きは密告によって警察に知られており、同行した後輩シンを逃し、ホーは自首することになる。その間、香港では父が陰謀によって殺され、そのことでキットは尊敬する兄が香港マフィアと知る。一方、ホーの親友マークは報復のために乗り込んだレストランで敵を皆殺しにしたものの、足を負傷するというアクシデントに見舞われる。

数年後、ホーは出所するが、今では警察官になり結婚もしているキットから、父親の死の責任とマフィアの兄を持つことから出世の出来ない不満をぶつけられた上に追い出され、親友マークは怪我で自由の利かない体になったことから雑用以下の扱いを受けるほど落ちぶれていた。そして元は後輩だったシンがマフィアで権力を握るようになっていた。

ホーは弟と和解するためにも堅気となり、穏やかに暮らそうとするが、周りはそんな彼を放ってはおかなかった。マークは現状を変えるために協力を求め、シンも自分に力を貸すよう強要する。しかしシンは自分の敵となる人物たちの粛清を始め、その手始めに組長のユーが殺された。現状を知ったホーは弟との絆、親友との友情のためにマークと共に銃を手に取る。(ウィキペディアより引用

感想

たぶん10回くらい見てますよ。補足ですけどマークがチョウ・ユンファです。やくざ者で家族を大切にするホーのキッドに対する兄としての愛情と、友(マーク)への義理を果たしてやりたいという葛藤が見ていて泣けてくる。

最後はマークはボロボロに撃たれて命を落とすんですけど、そこで死んじゃうの??!

っていういい意味で裏切られた感が堪らない作品です。

ハリウッド時代

1998年からハリウッドデビューする。デビュー作は『リプレイスメント・キラー』この作品の制作総指揮はジョン・ウー監督。

この最強の組み合わせのお蔭で今後も数々のハリウッド作品に出演するようになるんですよね。

 

リプレイスメント・キラー [DVD]

リプレイスメント・キラー [DVD]

 

 

1998年と言えばジャッキー・チェン主演の『ラッシュアワー』が大ヒットしている頃。

ハリウッドデビューはちょっと遅めだってことになるね。

因みに他にもハリウッド映画結構出演していて

グリーン・デスティニー コレクターズ・エディション [DVD]

アンナと王様 [DVD]

バレットモンク [DVD]

この辺のハリウッド映画は文句なしに楽しめるのでおすすめっすよ。

 

 

おすすめの作品ベスト3(俺基準)

それでは個人的に好きな作品をご紹介していきます!

 1位

 

ゴッド・ギャンブラー 完全版 [DVD]

 

ゴッド・ギャンブラー 完全版 [DVD]

えええっ。男たちの挽歌じゃねーのかよ。って声が聞こえてきそうですけど、初めて見たのがこれだったので印象強いんですよね。

記憶を失った天才賭博師のお話。結構コミカルな感じ。チンピラカップルが偶然助けた記憶を失ったおじさんコウ(チョウ・ユンファ)が実は天才賭博師で、ギャンブルに勝ちまくって大儲けするんだけど、次第に記憶を取り戻したコウの衝撃の過去を知り巻き込まれていくお話です。続編も結構出てるから気に成ったらチェックしてみてください。

おすすめ度★★★★

 2位

 

狼/男たちの挽歌・最終章 <日本語吹替収録版> [DVD]

 

狼/男たちの挽歌・最終章 <日本語吹替収録版> [DVD]

これも男たちの挽歌なんですけどね。違うんですよストーリーが。

最終章って書いてあるけどこれ単体見るものです。

この作品での役柄は殺し屋。引退を決意していたジェフ(チョウ・ユンファ)だったが最後の仕事で女性歌手の目を失明させてしまう。

彼女の目の手術代を稼ぐ為再び殺し屋家業に戻る羽目になるだったが。

最期は銃弾の嵐をその身に受けるのだった・・・。

おすすめ度★★★

 

 

 3位

さらば復讐の狼たちよ [レンタル落ち]

さらば復讐の狼たちよ [DVD]

結構新しめから2010年の作品です。

時代は辛亥革命直後の中国。県知事に成れば金儲けができると聞いたギャングのボスチャンがホアン(チョウ・ユンファ)が支配する町にやってくるお話。

今回のチョウ・ユンファメッチャ悪役でしたが、久しぶりにチョウ・ユンファっぽさが出ていて個人的に大好きな作品です。

おすすめ★★★

 

とまあこんな感じです。チョウ・ユンファメッチャカッコいいんで知らない方はぜひ見てください。

因みにこの作品ではカメ仙人として出ていましたよ!

ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD]

ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD]

おすすめ度 ★・・・

”気”を火か何かと勘違いしているというレビューがあり的を得ていた(笑)

(おわり)

 

 

 

 

 

 

 0位

 

男たちの挽歌 ブルーレイBox-Set [Blu-ray]

  

男たちの挽歌 ブルーレイBox-Set [Blu-ray]

やっぱり最高なのはこれだよなぁああああああ!

 

スポンサードリンク