いちブログ2号

いちブログの一は始まりのいち。すべてのことはいちからはじまる。思うままに文章を紡ぐ。

ワードプレスで勝手に画像のみのページが出来ていた話。

スポンサードリンク

ブログ運営をやっていると本当に不思議なことがありますね。僕の別でやってるブログの画像がだけのページが出来ていてビックリしまっした。

 

f:id:ichi3000:20160421064634j:plain

なんで、画像だけのウェブページ出来とんねん?

ワードプレスで運営しているブログがあるんですけど、元々の記事は新作ゲームの事前予約記事を書いて投稿していたんですよね。ゲームのスクショを説明のために記事に張ってあったんですけど、なんとページに張り付けてある画像だけのオリジナルページが勝手に出来てたんです。

もちろんそんなページを作ったつもりは無かったので、焦って記事一覧を見に行ってもそんな記事はありませんでした。

ウェブに詳しい人なら、ああそれかという感じでしょう。ただ僕はサイトにも、アドセンスを張り付けてある為、アドセンス 画像 アドセンス アドセンスという最悪の表示方法になっていました。これはヤバい。

アドセンスはスマホで一画面に表示していい数が決まっているので、googleに見つかったら一発アウトです。

すぐさま、記事を下書きに戻したのは言うまでもありません。ほどなくして、検索から入ろうとしても404エラーページが表示されるようになったので、事なきを得ました。

困ったときのウェブマスターツール。

では、そのような状態になったら記事を再度アップさせることは出来ないのでしょうか?いいえそんなことはありません。

こんな時役立つウェブマスターツール。「google search console」

このツールの機能の一部にURLの削除というものがあります。この機能を使えば、消したい自分の記事が検索上に表示されないようリクエストすることが出来るのです。

ただし、リクエストは絶対に受け付けてもらえる訳では無いようですのでご注意を。

 

ワードプレスの仕様で画像にリンクを自動生成する機能があるようなのですが、どうやら僕の場合それが原因ではなくて、スクリーンショットをアップした時、デフォルトのファイルネームがアドレスになっていたことが原因だったようです。たぶん

 

今もその記事は大事を取って下書きにしまってあります。大してアクセス稼げてはなかったけど、今後攻略記事とか書く予定なので早くリクエストが承認されることを祈っています。一応1ページ目にギリギリ乗ってるしwいやあ、マジビビりました。

参考サイト

WordPressで画像をアップする際に、リンクURLを勝手に入力されないようにする方法

 

まとめ

はてなブログももちろんツールを使うことが出来ます。無料のブログでもOKです。

このツールは自分のブログがどんな検索キーワードで、どのくらいの位置にあるかを教えてくれるのでブログを書いている人には必須のツールです。

また、こういった事態にも迅速に対応することが出来ので、ぜひ導入しましょう。

まじめか!

 

 

 

 

スポンサードリンク