いちブログ2号

いちブログの一は始まりのいち。すべてのことはいちからはじまる。思うままに文章を紡ぐ。

追い詰められて仕事がつらい時にこそ口角を上げて笑顔を作ろう。無尽蔵にやる気が湧いてくるから不思議だ!

スポンサードリンク

今日は仕事で嫌なことが一杯あった。でも僕は笑顔を忘れなかったので、挫けず、ふて腐れず今日一日がんばれました。

だから、自分への戒めとして書き殴ります。

 

Smile

仕事ってキツイけど、笑顔は無尽蔵にちからをくれるから、笑って見せて!きっと明日は上手くいくさ♪

 

社会人たるもの愛嬌をふりまくがなければならない
愛嬌を振りまくのが男として嫌というやつもいるけどそういう奴は根性が足りない。
愛嬌を振りまいて、仕事をしていると社畜乙というコメントがくるけどそういう奴は、大抵甘い。
豊臣秀吉は、愛嬌を振りまきすぎて、胃に穴が開いて死んだけどそれ、戦国社会でも出世しようと思ったらそれくらいの 愛嬌振りまいて仕事をしないと成功することはできないということの証明になっている。

だから、社会で愛嬌を振りまかないと生きていけないのなら中途半端に愛嬌をふるのではなく、 今の3倍振ってみよう。

いつもニコニコ笑顔で お客さんを始同僚上司家族に いいことはあっても悪いことはないはずだ。

もちろん時と場合によるが、 いつも笑顔でニコニコしていれば、 少しの失敗なら許して貰えることもある。

逆にムスッとしていると、 仕事にやる気がないなど言いがかりをつけられ、 ますますやる気をなくす事態に陥ってしまう。

ところで女優の石原さとみさんもいつも笑顔でニコニコしている。
彼女は女優だからいつもニコニコしているのが仕事だという考えもあるだろうが 彼女ほどの美人で綺麗で可愛い女優さんなら 無理に笑顔を振りまく事を しなくても 十分やっていけるはずだ。
芸能界は人間関係が複雑だろうし、 大人気で仕事も忙しいだろうに、石原さとみさんは本当にすごいと思う。

芸能人で大人気の 石原さとみさんでさえあれだけ笑顔を振りまいているというのに 普通のサラリーマンである僕らが笑顔を振りまくないというのはこれはどういうことだろう。

仕事でちょっとぐらい嫌なことを 言われたからといって、 すぐにむくれてしまうような 人がすごく多いように最近感じる。

仕事中笑顔がない人は全く持って努力足りないのではないだろうか。
いつもニコニコ笑っている人は実は努力して笑っているのだということを知るべきだと思う。

smile

笑顔でいることで得られるものには 枚挙がない。たとえば、
人から優しい人だなと思われる。
無理な頼みごとをしても 聞いてもらえる可能性が高まる。
仕事に対して前向きだと思われる。
人の協力を得やすくなる。
人気者になれる可能性がある。
実年齢より若く見られる。

などなど 他にもたくさんある。
笑顔でいて損することは何一つないのだからサラリーマンは もっと笑顔で仕事 するべきだろう。

まとめ


かくいう自分も最近笑顔が少ないから 仕事でうまくいかないことが多くなってきた気がする。
だからいつもの3倍笑顔でいて、 気持ち悪いくらいの笑顔振りまいていたら、 きっといいことがあるだろうから もっと笑顔でいようと思う。

スポンサードリンク