読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちブログ2号

いちブログの一は始まりのいち。すべてのことはいちからはじまる。思うままに文章を紡ぐ。

コンテンツマーケティング。ブログを収益化するために学ばなければならないこと。

スポンサードリンク

コンテンツマーケティングという考え方。

ブログを書いていると よく出くわす 言葉のでよくよく調べてみると、 色々おもしろいことが分かったので、忘れない内にアウトプットしておく。

School

所謂SEOとは

サイトの運営ではキーワードで引っかかった 検索流入から 読者を集め pv を稼ぎ、 広告を踏ませて収益を得る。

そういう流れが個人のブログでは主流 の考え方になっている。

よくsemだとかseo とか言われるが これは検索エンジンマーケティングと エンジン最適化を 英語で書いたときの頭文字で、 seo は具体的に言うと sem 中に含まれる手法で、 sem の中には seo とリスティング広告が含まれる。

知らない人の為に説明するとSeo は要は、検索エンジンに評価されやすい対策をサイトに施し、結果読者を増やす為の手法のこと。

リスティング広告というのは 例えばgoogle お金を払って 検索エンジンのトップに 表示してもらう施策のこと。
インターネットで検索したときに、 よく見ると上の数記事は 広告と表記されていることが分かると思う。
1クリックいくらかのお金を払うことで、 たくさんの人に見てもらえるようになる。
広告料はキーワードによって違っていて、 儲かるキーワードほど人気だから、 高いお金を払わないといけない。

そういうリスティング広告は アフィリエイターや 企業が使うような 集客方法なので 個人ブロガーが使ってるケースはあまりないように思う。

何故ならワンクリックされることにお金が発生するので、 集客できても収益に変えられるだけのサイトがないと 赤字になってしまうからだ。

要はSEOもリスティング広告も お金を使って読者を集めるという有料の集客方法だ。
( もちろん無料で出来る seo 対策もあるけれど)

コンテンツマーケティングとは

Semの手法とは違って、 コンテンツ(内容)によって集客を目指すのが コンテンツマネージメント の基本的な考え方。
もちろん集客率を上げるために seo の製作もリスティング広告を出したりもする。

企業がコンテンツ マーケティングをする理由は 自社の商品を売るためだ。

そのために僕達がブログを書くように企業は商品や商品の魅力についてのブログを書き続ける。

そうして集めたお客は自社の販売ページに導かれて、 その会社の 購入するという流れになる。

雑然とブログを書いている個人ブロガーとは違い、営利目的にサイトを作っていく訳だ。

当然企業のある商品について書くので、 テーマ性もそれに縛られていき、 その商品を買いたいと思っていた読者を育て、 顧客へと変えていく。

こういった話になると個人のブログでそこまでやる必要ないという考えもあるかもしれないけれども、 僕はどうしてもこういう話が大好きなので食いついてしまう。

真似できるところはないか

コンテンツマーケティングというのは 昔からあったもので、何も新しい手法ではない。
近年 google の検索エンジンも 賢くなったようで、 よりコンテンツの内容を重視始めた。

そのことによりコンテンツマーケティングという考え方も脚光を浴びるようになっていたのかもしれない。

でも個人ブロガーには売りたい商品というもがあるわけではないから(普通は)、 こういった考え方はあまり必要ない ように思われるのかもしれない。

でもこういう考え方はどうだろう。
もし自分が見せたいページ(アフィリエイト記事など)商品と考えて、 他の全ての記事はそれに対する導線という考えて方。

もしかしたら、凄く効率の悪い考え方かも知れないが、まったくナシという訳でもないように思う。

まとめ

いつもまとまってませんがいつものまとめ始めます。

今日は4記事(別ブログ入れたら5記事目) かけました。
今日はすごく暇だったとはいえ、 文章書くことがなんかすごく楽になってます。

内容はともかくとして なかなか充実した一日でした。
(おわり)


スポンサードリンク