いちブログ2号

いちブログの一は始まりのいち。すべてのことはいちからはじまる。思うままに文章を紡ぐ。

マイホーム購入!?←あーあ、やっちまったなwww

スポンサードリンク

家の寿命は25年ぐらいだと言われている。
おいちょっと待てフルローンで35年借りた俺はどうなるんだ? という人も少なからずいるだろうが、 ひとえに木造住宅といっても 在来工法、 ツーバイフォー工法、 鉄と木を組み合わせたハイブリッド工法 などに大別され、 それぞれの家に寄ってもちろん耐久性も 寿命も違ってくる。

車買う感覚で買ってない?

夢のマイホームといわれる時代はとっくの昔に終わっていて、 今ではローコスト住宅を 月々の支払いだけ考えて、 勢いで購入する若い者達もでてきている。
でもそれはすごいもったいないことだと思う 。

マンションの寿命

一戸建てとちがってマンションは、 家が古くなっても土地は残らないし、 住宅よりコストは高めだと言われている。

マンションの圧倒的な利点は寿命が100年を超えていることが。
十分親子二世代住める長さだ。

もちろん内部のリフォームやイノベーションは必要になるとは思うが、 一戸建て住宅をリフォームする時に比べたら 結構安く抑えられる。

木造住宅は、 リフォームしようと思ったときには柱が腐っていたり、 家自体が傾いていたりと、 工務店も手間がかかるので 、 場合によっては高額になることもある。

比べてマンションは、 コンクリで作られたま近くの空間の中に、 ボンドで壁にボードを貼り付けて、 その上にクロスを貼るだけ、 後は床を 専用のフローリングで敷き詰めれば いいだけ。
建物自体が腐ってるって事なんてないので、 工務店の見積もりが出しやすいので、 安く済む場合が多い。

比べて木造住宅は、 真っ先に外壁が痛む。
今主流の外壁はサイディングと言って、 厚さが16ミリだとか21ミリぐらいのコンクリのボードに、 柄と色を付けたものを 柱の上から直接 金具で止めてるだけのものが多い。

このサイディング継手と継手はコーキングと呼ばれる、 防水のゴムを使って 止水しているのだが、 寿命が10年 ほどしか持たないので、 10年経ったら足場を全面にかけて、 コーキングを打ち返てあげないといけない。

せっかく足場をかけるんだから、 塗装工事も一緒にしようということになるけど、 なんだかんだで安いところでも、 普通の戸建てで100万近くの費用になるので、 家を建てたら一生のメンテナンスノート考えている、 若い夫婦はさぞかしびっくりすることだろう 。

10年で再塗装しないといけないという事を知らないで、 20年も30年も放置していると、 それまでコーキングで止水していた 場所から雨がじゃんじゃん入ってくるので、 柱が腐って家が傾き、 気づいたときには ホームしてもあと10年しか住めないよ?といった状況になっているから注意が必要だ 。

まとめ

木造住宅とマンションの比較とかよくあるけど、 普通の感覚があったらマンションを選ぶ。

木造住宅を選ぶときでも、 初期費用ばっかり考えないで、 後でかかってくるお金というものをしっかり計算しておかないと、 せっかく建てた家がボロ雑巾のようになっている様を 眺めるハメになるので注意が必要だ。

スポンサードリンク