読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちブログ2号

いちブログの一は始まりのいち。すべてのことはいちからはじまる。思うままに文章を紡ぐ。

【東京喰種】石田スイ先生の描いたヒソカが秀逸すぎる!ハンター×ハンター水見式

スポンサードリンク

www.shonenjump.com

東京喰種の作者、石田スイ先生は、ハンターハンターの作者富樫先生の大ファンであること、特にヒソカが大好きだということから、ジャンプ編集部の要望で石田スイ先生がハンターハンターのヒソカを書いたらどうなるかというコンセプトの元、この企画が成立したという。

ああ、ヒソカってこんな感じ。

ネームは公開されているので、誰でも読むことが出来ます。
69ページもの長編もので、ハンターハンターのあの気まぐれ魔術師ヒソカの誕生を描いた作品になっています。

対談で、ヒソカの会話の中に出てくる、トランプのマーク(ダイヤやスペード)をヒソカがどういう考えを持って使い分けているかということにまで考えたということを言われています。

作品の完成度は正にこだわりの逸品。ああ、これはヒソカだ!と納得してしまいました。
ヒソカは過去を語らないキャラクターですけど、今回はその過去を描いている。設定のすべてを任された石田スイさんの、ハンター×ハンターに対する思い入れはすごいもので、この作品を書き上げるのに1年を要しているとのこと。
脱帽ですよね。どんなに好きな漫画といえどもよく1年間も考え抜くことが出来るなと本当に思います。

ところで、今作中にも登場する水見式。


ハンターハンターの世界では、念能力者資質をの水見式で判断することが出来ますが、石田スイさんの念能力の種類判別するとすると、恐らく具現化になるだろうと、勝手に独断と偏見で決めつけてみました。


水見式とは

Hunter×hunter の世界では念能力者は、 6つの分類に分かれます。
強化系、 変化系、 具現化系、 放出系、 操作系、 特質系。

この中で、漫画家に必要な能力はダントツで 具現化系ですよね。
なぜなら、漫画家というのは元々この世になかったものを”具現化”させる能力者だからです。

無から有を生み出す能力

ハンターハンターの世界で具現化系能力者で 一番有名なのはクラピカだろう。
彼は男なのか女なのかすらわからない 謎のキャラクターであるが、具現化能力で、 幻影旅団を倒すという信念を持って行動している。 具現化系の特徴とされる 神経質で几帳面 という性格は彼をよく表していると思う。

彼は、旅団に一族を滅ぼされたという過去を持っていて、一族の仇を取ることと、一族のものを取り戻すという執念を持っています。

漫画家は、自分の表現したいものをこの世に表現するという強い意志を持っていて、冷静で情熱的なイメージを僕は持っています。

石田スイ先生もクラピカのような性格の持ち主のように思えて仕方ないのです。

几帳面という性格すばらしい

几帳面な人は素晴らしい。
自分のルールに則って、 やらなければならないことを自分で決めて、 それを必ず実行に移してくる。

芸術家がこの世に今までなかったものを、 自分の想像のまま 小さなアイデアの断片をひとつひとつ几帳面に積み上げて行くように、 クラピカは自分の理想を 追求して言ってるように見える。
今回、原作のヒソカ像を少しも毀損することなく、完璧なまでの作品を作り上げた石田スイ先生は正にこの具現化系に属する人ではないだろうか?


冨樫さんももうちょっと几帳面だったらいいのに

ハンターハンターという漫画は、いや 冨樫さんの 作るマンガが全て大好きな僕は、 週刊ジャンプに連載中のハンターハンターがネームのままでできた時でさえ、 HUNTER HUNTER が読めるだけありがたいと好意的に捉えていた。

しかし話の展開がどうも無理やり終わらせようとしているように思えてきて、 若干の失望とともに、 ハンターハンターを週刊誌で読むことをやめていた。

月日が経ちハンターハンターの連載がとまってから、 すっかりこの漫画のことを忘れていたが、 4月連載再開になったと聞いたときは、 財布の中に1000円しかないと思っていたのに実は、一万円札が入っていた時ぐらい嬉しかった。

しかし僕はこの状況が長く続くとは信じられない。
またいつ冨樫さんのこころが折れて、 連載が中止になるか分からないので、 本当の 完結になるまでは、 読まないでおこうと思う。
富樫さんに、もっと几帳面さがあればいいのに、、、なんて失礼ですよね。

まとめ

念能力欲しいなぁ。
僕が具現化したいのは、芸術です。

嘘です。お金ですよね。

話は大きく脱線しましたが、石田スイ先生の描く【ハンター×ハンター】是非一読することをお勧めしますよ!

www.xn--n8jyc2llfpe.xyz


HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス)

スポンサードリンク