いちブログ2号

いちブログの一は始まりのいち。すべてのことはいちからはじまる。思うままに文章を紡ぐ。

新築を建てようと思うならいい家を作るために目を通しておいてくれ!現場管理者の言葉

スポンサードリンク

f:id:ichi3000:20160612230237j:plain
現場管理者の立場から考えた家を建てる際気を付けた方がいい事をかいてみた。


営業者と現場管理者は違う。

家を建てようとする人は紹介でもない限り、まずハウスメーカーの店舗とかに行って営業と話を進めると思う。

この時ついた営業というのはもちろん、家が建って引き渡しが行われるまで担当の営業マンということになるけど、ここで注意したいのは営業というのは極論家を売れればいい訳であって、必ずしも家の事を熟知し手いるというわけではないということ。

何が言いたいのかと言えば、家というのは一見簡単に見えるけれど、実に複雑な作品で、周りの環境や家の形、立地条件や建てる土地が造成地なのか建て替えなのか、使う木材の種類、金物の種類、土地柄などその他にも数えきれないくらいの条件と上手く収めるためのtipsが合って、たとえ建築科の大学を出ていたとしても、実際に建築に携わった経験年数が少なければ、いい家を作ることなど到底できないということなんですよね。

それは設計士も同じことで、現場を無視した設計はほとんどの場合、現場での変更を余儀なくされることはざらなのです。

現場管理者(監督)に会わせてもらう

営業担当者がどんなに言いことを言っていても、それは表面的なデザインだけの事であって、それを最大限美しく仕上げるのは現場管理者の仕事。

最初に現場監督をちゃんと紹介して貰い、その人間性を見るということは絶対に必要です。

現場管理者が、年が若くて経験年数が明らかに足りない様だったり、頼りない質問にも答えられないような人が出てきたら要注意!

そういう人間は大工や他の職人に、厳しく指導することが出来ない場合が多いので、折角のマイホームをやっつけ仕事で建てられるかもしれません。

営業と現場管理者はどちらも合わせてもらい、どんな人間か品定めすることが大切です。

少しうるさい客だと思わせておく。

クレーマーになれ!と言っている訳ではありません。細かい事にも気が付く、うるさい客になれということを言っています。

というのも、大手の住宅供給会社になればなる程、年間に多くの家を手掛けます。

表面上は「いい家を作って、お客様に満足してもらいましょう!」という建前の元、建築を行っていますが、相手も人間なので実際は流れ作業、やっつけ仕事になることは、正直あります。

普通建築会社は、着工前に業者会議を行います。ここでは、○○邸の家は工期がないから急いで工事しようとか、□□邸は現場が狭いだとかの他に、

△△邸は「お客さんが細かいから、後でクレームにならないよう、いつもより注意して作業にあたって!」などと注意を促すことがあります。

勿論どの家も平等に「良い家」を作ることは基本ですが、特にお客さんが繊細な場合は建築会社はいつもより慎重になるのです。

このことを踏まえ、図面での打ち合わせの際はわざと細かいことを聞き、相手に警戒させるというのもいい家を作るための一つの手なのです。

建築の知識が足りなくて細かい事なんて聞けないよ!っていう人は、親戚に大工がいるからという嘘をつくのも一つの手。後で出来上がりを見てもらう予定だと、釘を刺しておけば大抵の営業マンは危険サインに気が付きます。

家は建ってすぐは不具合に気付かない。定期点検をしてくれる業者を選ぶことが本当に大切

家は建ってすぐは綺麗なものです。しかし2年3年経つと、素人には気が付きにくい瑕疵(見えない施工ミス)は、表面に現れてくることがあります。

そういった不具合も、言われないとなかなか気が付かないものですが、放って置いては家の寿命を短くすることになります。

そういった状況を避けるためには、2年点検5年点検と定期的に点検に来てくれる住宅会社を選ぶことです。

そういう点検を自主的に行っている住宅会社は、細かい問題点にも気が付いて積極的に修繕の提案をしてくることが多いです。

それはアフターを気持ちよく行ってくる業者にもメリットがあることで、放って置かれて酷くなって文句を言われることを避けることが出来るということと、信頼を勝ち取ることでお客さんの紹介を狙っているということです。

だから、そういった自主点検を自主的に行っている住宅会社を選ぶことが大切です。

建築中、現場が汚いところは仕上がりも悪いことが多い

これは感覚的に理解してもらえると思います。現場が汚いところは仕上がりも悪い。これは経験則ですが、おおむね正しいと思います。

また現場が汚いのを許している現場管理者の程度も知れるので、そういった管理者に自分の家を任せてはいけません。

そういった現場管理者は、人間的には問題ないのかもしれませんが、監督としては失格なのです。

繁忙期の駆け込みは辞めとこう

これも感覚として理解できるはずです。忙しい時に仕事を頼んでも、相手も忙しいのでレベルの低いものしか出来ません。

職人さんや管理者がどんなに一流であっても、最高の出来にはなるはずがありませんよね。

ひとまず国の決定で、来年の消費税増税は見送られましたが、増税前というのはこの駆け込みが増える時期です。

もし家を今後建てようという予定がある人は今年か来年に計画するといいでしょう。

忙しくなければ、職人さんというのはいい仕事をしようとするのが普通ですので、結果的に良い家が出来るかもしれません。

まとめ

ここに書いたことのほかにも、いい家を作るために知っておいた方がいいことは沢山あります。

デザインや使い勝手ばかりに目が行きがちな、マイホームづくりですが、こういった事に注意することで、家自体のクオリティを上げることが出来ると思います。

※おすすめの書籍紹介※

磯野家の家族が住宅の資産価値や使用価値について考える。住宅についての知識や今後の住宅業界の未来について考えることが出来ます。

正に家を買おうと考えているあなた向けの内容。
入門書の印象が強いが、ローンの基本や教育費との兼ね合いの話も学べる良書。

家を建てる前段階。
お金を貯めることから始めようと考えている人ならこちら。
役立つメソッドが多数収録されている。

スポンサードリンク