いちブログ2号

いちブログの一は始まりのいち。すべてのことはいちからはじまる。思うままに文章を紡ぐ。

30年後、新築はほとんど建たなくなるの?

スポンサードリンク

戸建ての住宅業界は今後30年間で40%程、家が建たないという予想がされているそうだ。

これは、建築業界で働いている人には大事で、単純に言えば40パーセントの人たちが失業するってことにならないか?


40%も家が建たないってホントか?

家の寿命が仮に50年持つする。

実際は日本の家の寿命はもっともっと短くて、25年程度だといわれているが、ちょっとこれは言い過ぎではないかと思う。

それでも、大体30年もすれば大抵の家はボロボロ。

というのも、日本人は本当に家を大事にしないからだ。

欧米の人たちは家を自分でリフォームしたりDIYしたりするから、(DIYはdo it youself自分でやれ!の略だ)ちょっとでも家が傷むと

ペンキを塗ったり、床を張り替えたり出来るから家が本当に長持ちする。

日本人は家に蜘蛛の巣が張ろうと、柱が腐っても気付かない人ばかりなので家が使い捨ての様に捨てられていく。

つまりいくら長持ちしたって50年は持たない。

つまり50年経ったら家をぶっ壊して、新しく建て直さないといけないということ。

だから、いくら少子高齢化で家を建てる世代が減少しても住む家がなければ困るのだからそんなに新築が減ることはないんじゃないかとおも

うのだ。

日本はどんどん貧乏な国になっている???

日本はアベノミクスの失敗やら、借金の膨らみ過ぎでデフォルトを起こし破綻するだので、どんどん日本人は貧乏になって、家を建てる余裕

なんて無くなるよね?

家を建てようとする人たちの平均年収はどんどん下がっていっているから、みんな家を建てないんじゃないか?

という不安が建築業界には広がっている。

特によく言われるのが消費税増税後の冷え込みで仕事がほとんどなくなるのでは?ということ。

ところが一方では反動減というものがあるのだから多少は致し方ないのかと思うが、今回の増税ではそれ程大きな駆け込み需要も反動減もな

いのではという人もいる。

それどころか、今後10年間は日本経済は立ち直り、緩やかなインフレ状態になり、経済が好転するのでみんなの給料も上がり家もどんどん

建つんじゃないかという人まで出てくる始末。

つまり何を言いたいかというと結局話す人によって全部意見が違ってどれが本当の未来の日本の姿を言い当てているのか分からない、という

こと。

僕の意見

衣食住は人間の生活に欠かせなくて「住」はその中でもっとも土台になる部分。

家は壊れれば建て替えなければならないのだから、100年もしたら日本の家はほぼ一新されてないとおかしいということになる。

だから、新築着工数が減ることは間違いないと思うのですが、そこまで極端に減ることはないんじゃないのかと思うわけです。

最後に「見通しが立たない時代だなあぁあ」とよく言われますが、逆に「見通しの立つ時代とか今まで存在したの?」と聞きたいわけです。

(おわり)

個人的には、昔ながらの「ガラガラ」ってガラスの引き戸の玄関が好き。

あと、トトロの家は建築業界最高傑作ではないだろうかw

スポンサードリンク